コンドームだけじゃダメ!確実に避妊したいならピルを使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、普段どうやって避妊してますか?

大抵の方がコンドームだけを使用していると思います。

だけど、コンドームだけでは不安要素がいっぱいあるんです!

お得情報です!!

個人輸入で失敗しないためには、評判が良くお得なサイトを知っておくことが大切です。

今までいろんな個人輸入代行サイトの価格や評判を調べてきた中で『おすすめできるサイト』をご紹介します。

対応や評判はもちろん、現在期間限定セールを行っていて、間違いなくお得なのでぜひチェックしてみてくださいね。

使い方によっては妊娠してしまう

コンドームは、正しく使えば高い確率で避妊ができますが、間違った使い方をしてしまうと避妊の確率がガクッと下がります。

ではまず、どういった場合に避妊率が落ちてしまうのか見ていきましょう。

コンドームの破損

よく聞く失敗談ですね。

性行為中、もしくは開封時などにコンドームが破損してしまい、膣内に精液が漏れ出てしまうといったケースです。

開封した時に傷などがついていないか確認だけでもしておくことをおすすめします。

そのほか、コンドームが破損する原因としては以下のようなものが考えられます。

・ゴムの劣化
・サイズが合っていない
・財布などに入れておくことで摩擦が起き傷がつく

女性がサイズの確認をすることは難しいかと思うので、パートナーが古いものや保管状況の悪いものを使おうとしていたら止める勇気を持ちましょう。

不安であれば自分でゴムを用意するというのも手ですが、できればパートナーの意識から改めさせてあげてください。

装着のタイミングが遅い

本来コンドームは挿入直前に装着するものですが、中には射精前になって装着するという人もいます。

射精時の精液だけでなく、カウパーなどの分泌物には精子が含まれているので、挿入前に装着しないと意味がないのです。

ちなみに膣外射精も同じことですからね!

もしパートナーが挿入時にコンドームをつけないタイプなら、今すぐやめさせてください。

望まない妊娠をしてしまった時に苦しむのは女性の方ですからね。

射精後もずっと挿入したまま

性交後に甘い雰囲気を味わいたい気持ちもわかりますが、やめてください。

射精が終わったにもかかわらず挿入したままでいると、小さくなったペニスとコンドームの間から精液が漏れ出るおそれがあります。

それでは何のためにコンドームを装着したのかわかりませんよね。

なので、行為が終わったらすみやかに抜き、コンドームを捨て、それから甘い雰囲気に浸ってください。

絶対に避妊したいならピルとの併用を

とはいえ、中には女性が言っても正しく使ってくれない男性もいます。

女性の体を何だと思ってるんだと怒りがこみ上げてきますが、そういった場合には女性側でも策を講じなければなりません。

そんな時には、ピルの使用をおすすめします。

ここで言うピルとは日常的に服用して妊娠を防ぐ低用量ピルのことで、正しく服用すれば99.9%の確率で避妊ができると言われています。

しかし、ピルだけでは性感染症を防ぐことはできないので、性感染症の予防にはコンドームが必要です。

避妊と性感染症の予防、二つの観点から見ても、ピルとコンドームの併用をおすすめします。

ピルにはメリットがたくさん

ピルは、毎日1錠ずつ決まった時間に服用することで排卵を抑制してくれます。

実は避妊以外にも以下のようなメリットがあります。

・生理痛やPMSの軽減
・生理時の経血量が減る
・生理周期が整う
・肌荒れの改善
・体毛が薄くなる

などなど。

毎月の重い生理痛に苦しんでいる方などは、避妊抜きにしてもピルを使用する価値はあると思います。

もちろん個人差はありますし、ピルの種類によっても効果が違ってきます。

また、ピルの中には避妊用でなく子宮内膜症の治療用などもありますので、ピルなら何でもいいというわけではありません。

ピルを始める際には必ず医師に相談し、避妊用のものを処方してもらうようにしましょう。

ピルの価格一例

では、ピルはいくらくらいで買えるのか?

長期的に続けるとなると積み重ねで大きな額になるので、できれば安く買いたいですよね。

残念ながら避妊用のピルは自由診療になるので、保険がききません。

病院によっても費用は違いますが、薬代で2,000円~4,000円、さらに診察料などで3,000円~6,000円ほどかかると思っておいてください。

個人輸入であれば、かなり安く購入することができます。

いくつかの個人輸入代行サイトでのピルの価格を表にしたものがこちら。

 トリキュラー21錠マーベロン21錠ダイアン21錠ヤスミン21錠ヤーズ28錠
オオサカ堂794円868円1,232円1,753円2,081円
アイドラッグストアー880円920円1,590円1,980円
ベストケンコー2,980円3,180円3,759円
お薬なび1,300円1,500円2,430円
あんしん通販薬局1,580円2,480円3,780円4,180円
くすりの宅配便1,680円3,050円2,300円
ネット総合病院1,780円2,980円3,480円4,480円
アイドラッグマート2,600円3,300円3,900円

オオサカ堂のトリキュラーが一番安価ですね。

病院で処方してもらうのと比べると、かなりの金額差です。

初回は病院で処方してもらい、それ以降は個人輸入で購入するという人も多いです。

まとめ

もちろん一番良いのは男性がしっかりと避妊に取り組んでくれることです。

しかし、中には自分の快楽のことばかり考えて女性の負担を考えてくれない人がいるのも事実です。

そんな男とは縁を切れ!と言いたいところですが……

もしこの記事を読んでもやっぱりピルはちょっと……と思うのであれば、無理に飲む必要はありません。

女性自身が納得できる形で避妊をするのが一番ですからね。

ただ、不十分な避妊方法で妊娠してしまった時につらい思いをするのはあなただということは肝に銘じておいてください。

クーリングオフができるサイト

個人輸入代行サイトの中には、クーリングオフが可能なところもあります。

私が利用しているまこと薬局は、商品到着から30日間無条件で返金に応じてくれます。

こちらの間違いで注文してしまったのにも関わらず、親切に対応してくれました。

他のサイトでは基本的に不良品などをのぞいて返品や返金はしてくれないので、はじめて個人輸入代行サイトを利用する方に心強いサイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*